事業内容

訪問介護

生活サポート 安心のご自宅で、ゆったりと過ごせる生活をサポート!
ホームヘルパーが住み慣れたご自宅を訪問して、自立した日常生活を送れるように支援するサービスです。介護保険利用の場合は介護支援専門員が作成するケアプランに基づいて、食事介助、排泄、介助、入浴介助、衣類の着脱介助・身体の清拭・通院等の介助などの「身体介護」と、掃除・洗濯・買い物などの「生活援助」に区分されます。
ご利用者様がイキイキと暮らして頂けるよう、真心をこめてお手伝い致します。
ご利用者さまも、ご家族も共にやすらぎと安心を感じてほしいと思っておりますので、どんどんご相談、ご質問をお寄せください。

身体介護

〇衣服の着脱や体位交換 〇清拭や入浴の介助 〇トイレ誘導/排泄介助
〇起床・就寝の介助 〇排せつの介助 〇服薬の介助 〇食事の介助
〇通院、外出介助(病院での待ち時間や診察中など介護保険が適用されない場合もあります)

生活援助

〇衣服の着脱や体位交換 〇清拭や入浴の介助 〇トイレ誘導/排泄介助
〇起床・就寝の介助 〇排せつの介助 〇服薬の介助 〇食事の介助
〇通院、外出介助(病院での待ち時間や診察中など介護保険が適用されない場合もあります)

ケアプラン作成

ケアプラン作成 利用者の希望に沿ったケアプランの作成
ケアプラン作成は要介護1~5と認定された方に対してケアマネージャーが【利用者の様態の確認 】【利用者の様態の維持・改善の視点】【利用者や家族の希望 】【複数の専門職との協議】を鑑みて作成します。
ケアマネジャーが月1回以上訪問面接して状況の把握を行い、モニタリングや担当者会議を通して、よりよいケアプランへと見直しを行います。

福祉用具貸与・販売

福祉用具貸与・販売 自立した生活をサポートする福祉用具
福祉用具は「レンタル」と「購入」の2タイプあります。
介護用具を活用することで介護される方の自立した生活支援と、介護する肩の負担軽減を実現することができます。心身の機能が低下し、日常生活に支障が出てきた場合、貸与・購入に関して介護保険で費用の一部を補うことが可能です。

介護保険でレンタルできる福祉用具

特殊寝台(介護ベッド) 特殊寝台の付属品 床ずれ防止マット 手すり
車いす 車いすの付属品 歩行器 歩行補助つえ

介護保険で購入できる福祉用具

ポータブルトイレ 入浴補助用具

福祉用具を利用するには

福祉用具を利用するには

レンタルで利用 購入して利用
対象者 介護保険の要介護認定で要支援1・2、要介護1~5と認定され、在宅介護サービスを利用する人
費用 レンタルにかかる費用の1割を利用者が負担します。他の在宅サービスとあわせ、要介護状態区分別に1ヶ月に利用できる支給限度額が決まっています。 要介護状態区分にかかわらず、1年間(4月から翌年3月まで)に9万円を限度として利用できます。利用者は購入費用の1割を負担します。
利用のしかた ケアプランの中で、他の在宅サービスと組み合わせて利用できます。担当ケアマネジャーなどに相談し、県が指定する福祉用具貸与事業者から日常生活の自立を助けるための福祉用具をレンタルします。 担当のケアマネジャーなどに相談し、県が指定する特定福祉用具販売事業者から福祉用具を購入した場合、申請に基づき購入費用の9割が支給されます。

住宅改修

住宅改修 介護保険を使用しての住宅改善
ご自宅での生活に支障がないよう、利用者さんの身体状況に配慮した住宅改修のお手伝いを行っています。
介護保険の給付対象となる場合、改修費用の9割(上限18万円)が支給されます。
事前の申請が必要となりますので、住宅改修をご検討の方は事前にご相談ください。